現在地 どんぶり屋
秋田の米 さかえだ
トップページさかえだの米どんぶり屋産直リンク関連リンク
メイン画像
 

初めまして。この度このコーナーを担当させて頂く事になりました長男の嫁です☆
新米って炊きたてがおいしいんでね〜って農家が何言ってるんだ( ̄^ ̄)って感じですよね。というのも実は私、旦那様とお付き合いするまでお米「嫌い」だったんですよ(>_<)でも旦那様の家でお米炊いて食べたら...「何じゃこりゃぁぁ」って脳天突かれたような衝撃が走って180℃お米の見方が変わりました。一般家庭にある炊飯器で普通に炊いたんですよ!大ゲサなようですが、本当に本当なんです。子供の頃もお米モリモリ食べてた〜って記憶も無いし、学生の頃はおかず大好き♪お菓子大好き♪アイス大好き♪で偏食三昧だったので、お米のカテゴリーは全くなく...社会に出ればお酒大好き♪夜はビールとお刺身で大満足♪の生活だったので、私の生活にお米の場所は無かったんです。
お米って研ぐのが面倒くさいし、何より炭水化物だからカロリー高いじゃん!っていわゆる現代っ子って奴ですね...
そんな私が三食きっちりご飯を食べるようになったのは栄田家のお米に出会ったからと言っても過言ではございません。
俗に言うお米が「甘くて旨い」っていうのを生まれた初めて自分の舌で感じたんです。私はお酒も好きですが、何より食べる事が大好きです。鼻が犬並みだと言われる位めっちゃ効くんです!過剰に刺激物も食べないし“舌”には自信アリなんです。かなり強引ですが...その自信におせっかいもプラスされ、昔から自分が美味しい!って思ったのは皆にも食べてもらいたい性格でして「ちょっと、アンタも食べてみなさい!」っておばちゃんパワー炸裂だったんですねぇ。もちろん人の好みや感覚はそれぞれ違うので、中には「ん〜〜」って言われることもあります..でも自分が美味しいって思ったのを一人でも多くの人と分かち合いたい!と思いこのコーナーを担当させて頂きます。
でっでも「料理」のセンスは無いし、結婚一年目なのでレパートリーはすっごく少ないです。でも本を見ながら、同居中のお義母様に教えて頂いた「おふくろの味」等々おいしいと思ったものを紹介していきます。ちょっとずつですが私の味が増えていく過程もお楽しみ頂ければと思います。



・おたまはん

究極のたまごかけご飯

この名前お聞きになったことありますか?去年11月頃。いつものように朝の情報番組「特ダネ!」を観ていると「たまごかけご飯」の特集をやっていたんです。たまごかけごはん?と思いつつも「されどたまごかけごはん!」の言葉につられて観ていると、何だか興味深い...究極のたまごかけごはんと称し、ごはん・卵・しょう油のありきたりの食材をこだわりの食材に変え、なんと「たまごかけごはんを食べる会」まであるというではないですか!!いい大人達が(皆さんごめんなさい)忙しい時間を割いてたまごかけごはんを食べる為だけに集まっている...なんとくだらない、と...最初は思ったんですが、中盤に差し掛かる頃には「私も参加したい」と思ってる自分がいたんです。色々なデータを集めて毎回たまごかけごはんの向上を計るメンバーの皆さんに尊敬の意さえ覚えました。そこで発見されたのがこのたまごかけごはん専用のしょう油「おたまはん」です。元々島根県の吉田村という所で村の活性化を計る為に考案されたものらしいのですが、今までありそうでなかった「たまごかけごはん」専用のしょう油。私はこの着眼点に感動しました。そして放送が終わるや否やすぐさまパソコンの前に座り検索し購入したんです。味が関西風・関東風の二種類あるのですが、今回は関西風にしてみました。届くまで10日間位掛かりましたでしょうか?もう待ち遠しいことといったら...
こだわりのお米もある(もちろん自家製あきたこまちですよ!)。こだわりの卵はよく買い物に行くお店の卵コーナーで一番高い卵を購入。(こんな程度でしたが...)準備万端で夫と二人で食卓へ。はやる気持ちを押さえ熱々のご飯に、オレンジに近い濃そうな卵をトロリ!そしておたまはんをスーッと掛けて「はい!いただきます!」、、味がしない?いいえ違いました。薄味ながらご飯と卵の味を引き立てるこの上品さ。普通のしょう油ではキツ過ぎて、めんつゆだとダシの味が強過ぎる。専用しょう油とはよく言ったものだと!一人うなずきながらもくもくと食べてしまいました。どうやらこのしょう油たまご焼や冷奴にも良いみたいなので、次回は違う場所でも活躍してもらおうと思っております。

こんなしょう油もあるんだ〜と感動と発見でこの第一回目を飾らせて頂きました。レシピ?とはちょっと違いましたが、ご飯に関するネタもひとつお届けさせていただきました☆もし機会がございましたら是非一度ご賞味してみてはいかがでしょうか?(どうやら大手スーパーにも置いてあるようです)私は今度関東風を試してみよう!と企んでおります。



 
Copyrightc 2005 SAKAEDA. All rights reserved.